水商売でも大丈夫。

キャバクラやクラブなどで働いている水商売の方もキャッシングを利用して、お金を借りたいということがあると思います。

水商売

 

交際費や化粧品、ドレスなどにかけるお金も結構かさみますからね。

 

そんな中「水商売の私でもキャッシングでお金を借りられるの?」と思っている方もいるかもしれませんね。

 

でも、安心してください。水商売の方でもちゃんとちゃんと月々の収入がありますので、借りることが出来ます。

 

無職の方はもちろん無理ですが、水商売の方はちゃんと働いて収入がありますからね。

 

そこで、水商売の方にお勧めのキャッシング会社を紹介しておきますね(*^^)

 

ちなみに、現役キャバ嬢の私でも借りる事ができましたよ!!

 

水商売OKのキャッシング

 
アコム

アコム
水商売の方にまずお勧めしたいのがアコムです。このアコムは借入までが非常に早く、最短でその日のうちに銀行口座に振り込んでもらうことも可能となっています。
しかも、土曜日・日曜日・祝日といった一般的に銀行が休みの時でも、ネットで申し込んでからアコムの無人契約機にカードを取りに行けば、すぐにカードを手に入れることが出来て、そのカードを使ってキャッシングすることが出来ますからね。

 

≫アコムの公式サイト

 

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン
キャッシングを利用するのならば銀行が発売しているカードローンがいいという方は、みずほ銀行が大手銀行ですので、安心して利用できていいのではないでしょうか。
このみずほ銀行カードローンなら月々の返済額が少額に設定されているのも魅力的です。

 

≫みずほ銀行の公式サイト

 

 

レディースプロミス

レディースプロミス
プロミスからは、女性のために女性の方が安心してキャッシングを利用できるように、女性しか利用できない女性専用のキャッシングサービスがあります。困ったときなど、女性オペレーターが担当してくれるので安心です。
また、初めての方を対象として30日間無利息で利用する事ができるので大変お得です。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

≫レディースプロミスの公式サイト

 
水商売の方によくある疑問
水商売は闇金しかない!?

水商売の方は職業上、通常の金融機関のキャッシング審査には通らない、、、。審査に通らないから、キャッシングでお金を借りるには、金融機関に届けが出ていない『闇金業者』を利用するしかない、と思っている方が多いみたいです。

 

実際はそんなことありません。水商売も立派なお仕事です。なので、銀行や消費者金融機関からキャッシングでお金を借りれない、といった事はありません。審査があるので100%借りれるとは言えませんが、闇金業者じゃないとダメなんて事はないので安心してください。

 

というか、闇金業者なんて絶対に利用しちゃダメですよ!後々ひどい目に遭いますよ。

職業を正確に伝えて大丈夫?

キャッシング申込は、インターネット上から簡単にできます。その際、名前や住所・連絡先・勤務先などの必要項目を入力するようになるんですが、このときに職業を正確に伝えて大丈夫なのか?

 

水商売の場合、イメージ的に審査に不利な影響が出てしまいそう…って考えてしまいますよね。なので、正直に職業を伝えるのではなく、ちょっとぐらい嘘をついた方がいいのでは…?

 

いやいや、絶対にダメです!上記でも説明したように、水商売の方でもキャッシング利用は可能です。『水商売=審査に落ちる』といった事も無いので、職業・勤務先は正確に伝えるようにしてください。

 

ウソを伝えた方が、その時点で審査に落ちる事になりますよ。

職場への確認電話はどんな内容?

キャッシング申込した際は、金融機関から職場に在籍確認の連絡が入ります。在籍確認とは、申込者が本当に勤務しているかの確認電話です。この際、金融機関は個人名義で電話をしてきます。また、在籍確認だけで細かい内容は一切伝えないので、お店の方にキャッシング申込をしたという事は分からなくなっています。

 

なので、職場にばれたくないといった場合も安心して大丈夫です。ただ、水商売勤務の方で一つ注意してもらいたい点があります。それは、金融機関は申込者の本人名義宛てで電話をしてきます。水商売の場合、源氏名を使っている方が多いと思うんですが、お店の方が本名を把握していな場合がありますよね。

 

それに、プライバシー面を考慮して、「そんな人いません!」とお店側が一方的に電話を切ってしまう可能性もあります。こうなると、在籍確認が取れなくなるので、審査に通る可能性も少なくなります。

 

こうならない為にも、事前に勤務先の方に、「在籍確認の電話が入るから、○○は従業員です。」と答えてもらうように伝えておくのがいいでしょう。

 

何の在籍確認?と聞かれた場合は、クレジットカードに申込した、と言っておけば自然だと思いますよ。

利用枠はいくら?

100万円借りたい。50万円借りたいなど、キャッシングを利用する場合は、人それぞれ必要な額が変わってくると思います。でも、必ずしも必要額借りれるとは限りません。

 

なぜなら、利用限度額が個々によって変わってくるからです。基本的にキャッシングの利用枠は、年収の3分の1までが最大借入額となっています。すなわち、年収300万円の方は最大でも100万円という事になります。

 

年収が多ければそれだけ利用枠も多くなるんですが、少なければ利用枠も少なくなります。また、初めて利用する場合は、いきなり年収の3分の1借りれるといった訳ではありません。最初は少なめの利用枠で設定されており、利用状況(返済が遅れないかなど)によって、利用枠が多くなっていく傾向にあります。

 

なので、もしかしたら必要なお金を全額借りれない、といった事もある事を頭に入れておきましょう。

 

キャッシングを完済するまでの体験談

私が、20歳のころ、カードで買い物ができることを知りました。23歳のころカードでキャッシングできることを知りました。そして何回キャッシングしてもリボ払いなら一定額の返済で大丈夫なことを知りました。

 

そして、24歳のころ一人暮らしをしないといけない状況になり引っ越し代としてある程度まとまったお金をキャッシングしました。少し頑張れば返し終わる金額でした。

 

そのあと生活費のため、少しずつ借りていかないといけない状況になり当初借りた金額より大幅に借入金額が増えていきました。そうなると月々の返済額も増えていき生活を圧迫するため返しては借りる自転車操業をしていくようになりました。

 

そうなると、もう生活がめちゃめちゃです。いくら節約しても追い付きません。

 

急な出費は当然対応できず、レジャーに誘われても行けず、次第に誘われなくなります。「借金がきつくて」なんて本当の理由は口が避けても言えません。本当は行きたいのにいけない理由を考えるのも一苦労でした。

 

そんな私を救ってくれたのが、法律改正です。

 

年収の3分の1を超える借り入れが不可能になりました。それまでどんどん限度額が上がっていったカードたちが借入可能額がまだあったはずなのに借入可能額が「0」になったのです。

 

そこからは返済をすることしかできなくなり、さらに会社によっては法律にのっとって金利を下げる手続きをしに来てください。と連絡を入れてくる会社もあり返済がどんどん進みました。

 

それから3年ようやく完済することができました。いつしか借入残高が年収の3分の1以下の金額になったとき利用可能額がまた表示されるようになりました。

 

しかし今までの苦労を思うとお金がどうしても必要になったときにでも借りる気にはなりませんでした。ようやく普通の金銭感覚にもどれました。

 

自分がした借金のせいで相当な時間を無駄にしましたが、おかげでお金の大事さを学ぶいい機会になったと思います。